卵巣セラピー(10)卵巣セラピーと甲状腺ホルモン - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

卵巣セラピー(10)卵巣セラピーと甲状腺ホルモン

clock

2022年2月21日

卵巣セラピーにおいて欠かせないホルモンとして、

甲状腺ホルモンがあります。

 

甲状腺は喉仏の下にあるチョウチョウのような形の臓器で、

ここから分泌されるのが甲状腺ホルモンです。

 

甲状腺ホルモンは「元気の源ホルモン」であり、

生理周期にもかかわっています。

ようするに、甲状腺ホルモンが活発に働くと卵子の成熟が早まり、

一般に生理周期は短くなります。

逆に甲状腺ホルモンの働きが少ないと卵子の成熟は遅く、

生理周期は長めになる傾向があります。

 

甲状腺機能低下症の女性に生理不順が多いこと、

排卵障害が多く見られることは以前より知られていました。

 

最近になって、甲状腺ホルモンの値が正常範囲内にあっても、

甲状腺刺激ホルモン(TSH)をより厳密にコントロールすることにより、

質の高い卵子が育ち、妊娠した場合でも、

流産率が低くなることが知られてきました。

甲状腺ホルモンが血中に十分あると、よい卵子が育つのです。

 

これは婦人科医ではなく、内科の先生たちから提唱されてきたことです。

それを婦人科の先生方が受け入れ、不妊診療の現場に取り入れたところ、

妊娠率が向上することが、あちこちの施設から報告されたのです。

 

そこで、「不妊ルーム」でも甲状腺ホルモン製剤を取り入れたのですが、

私の予想以上に妊娠される女性が増えてきました。

さらに妊娠後も甲状腺ホルモンの値をコントロールし続けることは、

流産率の予防につながることもはっきりしてきました。

また甲状腺ホルモンは胎生期の胎児の成長にも重要なホルモンなので、

妊活とは切り離せないホルモンといえます。

 

甲状腺ホルモンは、人間の体の中で造られるホルモンです。

ですから、それを外から加えた場合でも、副作用が出にくいことも、

甲状腺の薬が使いやすい理由です。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日