不妊で悩むあなたの
カウンセリングルームあなたと一緒に、より自然に妊娠に至る方法を考えます。

不妊で悩むあなたのカウンセリングルーム

不妊ルームとは

こまえクリニックが運営する「不妊ルーム」は、妊娠について悩みをお持ちの方のためのカウンセリングルームです。

「ご来院いただいてのカウンセリングやサポートを行っている他、こちらのホームページにて、妊娠のためのヒントをはじめ不妊治療不妊症に関する幅広い情報を多数お届けしております。

「不妊ルーム」 4つの基本方針
  • カップルの“妊娠力”による
    自然な妊娠を目指します
  • 漢方薬(健康保険適応薬剤)を
    積極的に使用します
  • 実績のある不妊治療医療機関と
    緊密に連携しています
  • 治療中の方には適切なセカンド
    オピニオンを提供します

 

当ルームの信念は“不妊治療だけが妊娠に至る道ではない”ということです。
治療方法をご提案する際は、「一般的な不妊治療の方法」だけではなく、「できる限り自然に妊娠に至ることが可能な方法」を選択肢に入れるようにしております。

もちろん、医師側から一方的に治療方法を押し付けるわけではありません。
最優先は、患者さん自身のご希望です。
「院長自身も不妊治療を受ける患者側であった」という経験をふまえ、患者さんに寄り添いつつ、患者さんと共により良い治療方法を考えるよう心掛けております。

 

これから不妊治療を始めるかどうか迷っている方、不妊外来等の受診経験がある方や受診をお考えの方、自身が不妊症ではないかとお悩みの方、どうぞご相談ください。
例えば排卵誘発剤・体外受精・人工授精などの治療方法に関すること、治療費用に関すること、男性不妊に関すること等、様々なお悩みを承っております。

「不妊ルーム」のスタッフ一同、皆様のお力になれることを心より願っております。

初めて訪問された方へ

当ホームページでは、妊娠へのヒント不妊治療に関する知識等、皆様のための情報を多数提供しております。皆様にとって有用な情報をお届けできるよう、記事の作成にあたって、不妊治療担当の看護婦さん・不妊サークルの方々のご意見やアドバイスを参考にいたしました。
なお当ホームページは非常にボリュームがあるため、一度に全ての情報を見るのは大変かもしれません。ぜひあなたのパソコンやスマホの“ブックマーク(お気に入り)”に登録していただき、お時間がある時にゆっくりと、少しずつご覧になっていただければ幸いです。

 

妊活のための体外受精(IVF)レッスン

 

不妊カウンセリングのご案内

「不妊ルーム」は、これまで8,700組を超える患者さんへのカウンセリングを行ってまいりました。

お悩みの皆様の状況は各々異なりますから、「どのように対応するのが適切なのか」ということも人によって変わってきます。
そのため当ルームのカウンセリングでは、まず丁寧に患者さん自身のご状況やご希望をお伺いし、それを元に最適と思われる方法を提案させていただく形が基本となります。

なお、メールでのご相談やお問い合わせも無料で承っております。
不妊治療に興味はあるもののなかなか踏み切れないという方、他院での不妊治療に疲れてしまって悩んでいるという方も、ハンドルネームでのメールで構いませんので、ぜひお気軽にご連絡いただければ幸いです。

匿名による無料メール不妊相談を受付中です

お問合せはお気軽にどうぞ

 

患者さん目線でのカウンセリング

「不妊ルーム」を運営するこまえクリニックの院長自身、妻と共に不妊治療を4年もの間受け続けた経験を持っています。
通常は診察を行う側の医師である院長自身が、患者側に立ったことで、初めて色々と見えることがありました。

中でも特に強く印象に残ったのは、「不妊治療は、患者さんにとって非常に大きな精神的ストレスとなってしまう可能性がある」ということです。
原因となりうるのは、実際の治療内容自体だけではありません。
例えば、周囲の方との人間関係・金銭的なこと等、様々な原因がストレスを生む要因となるのです。
治療中の患者さんが過剰なストレスを抱えてしまうと、治療の結果が出にくくなったり、治療自体を続けることが困難になったりなどの悪循環を生み出しかねません。

院長はそんな自らの体験をふまえ、「不妊症や不妊治療に悩む皆様の力になりたい」と考えています。

 

客観的な立場からのセカンドオピニオン

現代では不妊治療において様々な方法が確立されていることから、診察を受ける医師によって異なる治療方針・治療方法が提案されることも珍しくありません。

だからこそ近年、“セカンドオピニオン”が推奨されているのです。

セカンドオピニオン(second opinion)を日本語に直訳すると「第二の意見・見解」。
医療現場における“セカンドオピニオン”は、「受診している医師とは別の医師の意見を聞くこと」を意味しています。

受診中の医師から提案された治療法等に納得しきれない部分がある場合、セカンドオピニオンを検討することをおすすめします。
他の医師の意見を聞いた結果、現在の医師の提案に納得できたなら、そのまま治療を進めていく後押しになるはずです。
もし反対に納得できないままなのであれば、担当医師の変更や転院を考えてもよいかもしれません。
患者さんがセカンドオピニオンを受けることが、本人が納得できる形の治療法へと繋げられるきっかけとなる可能性があるのです。

当ルームでは、セカンドオピニオンをご希望の方へ、できる限り中立的かつ客観的な立場からの情報を提供できるよう心掛けております。

 

予約制だから、ゆっくり話せる

「不妊ルーム」のカウンセリングは、予約制となっております。
これにより患者さんの待ち時間が短くなるだけでなく、他の患者さんと顔を合わせる機会も減ることから、リラックスした状態でカウンセリングを受けていただきやすくなるのではないかと考えています。

またカウンセリングは基本的に30分以上かけて行いますから、時間に追い立てられることもなく、ゆっくり落ち着いてお話いただくことが可能です。

カウンセリングのご予約は、メールまたはお電話で承っております。

カウンセリングの詳細はこちら

木曜19:30からの夜間カウンセリングはじめました。

匿名による無料メール不妊相談を受付中です

お問合せはお気軽にどうぞ

 

不妊ルームの主な特色

「不妊ルーム」では、できる限り自然に近い形での妊娠を目指し、一般的な不妊治療と自然妊娠との“中間”にあたるような方法による治療を行っています。

通院されている皆様方には、当ルームの治療方針を“2階建ての家”に例えて、「1階が自然妊娠、2階が不妊治療なら、当ルームの治療は中2階もしくは階段の踊り場と考えてください」という形で説明しています。

具体的にご提案する治療方法は患者さんによって異なるため、詳しくはカウンセリングの際にお問い合わせください。

 

患者さんへのストレス軽減を目指して

当ルームでは何よりも、「カウンセリングや治療等を通して、患者さんがストレスを受けないこと」を目標としております。

当ルームで妊娠された方の7割は、当院を受診される前に不妊治療を経験されていた方々です。
「(他院にて)人工授精や体外受精を経験したものの、望んだ結果を得ることができなかった」という方が、当ルームにて妊娠されたというケースも少なくありません。

これこそが、当ルームが推奨する“ストレスを受けにくい治療”の成果ではないかと考えています。

一般的な不妊治療は多くの場合、患者さんに非常に大きなストレスをかけてしまいます。
人にもよりますが、ストレスは女性の生理周期のいわば司令塔ともいえる視床下部や脳下垂体に良くない影響を与える可能性があります。
これにより治療の効果が出にくくなってしまうのです。
よって一般的な不妊治療からいったん距離を置き、“ストレスを受けにくい治療”を試してみることは、ある意味では理にかなっているといえます。

また「不妊ルーム」を運営するこまえクリニックは内科ということもあり、内診台を置いていません。
これも患者さんへのストレス軽減に繋がっていると考えています。

 

分かりやすく積極的な情報提供

不妊治療を受けている最中に、「このまま医師の提案に従う方向に進んでよいのか」あるいは「この辺でレールのポイントの切り替えを行うのがよいのか」等の判断は、なかなかに難しいことだといえます。

「不妊ルーム」は、積極的にセカンドオピニオン(受診している医師とは別の医師の意見を聞くこと)に関するご相談を承っております。
できる限り中立の立場から、客観的で建設的なアドバイスをできるよう心掛けております。

他にも当ルームでは、基礎体温表を重視し、「検査結果や薬の情報等を、基礎体温表の中へと書き込んでいく」という方法をとっています。
これにより患者さんご自身が、ビジュアル的に分かりやすく治療経過を確認できると大変ご好評をいただいております。

 

検査は基本、最小限に

一般的な不妊治療では、患者さんへの検査が多岐に渡る場合もよくあります。
ですが「不妊ルーム」では不妊に関する大切な検査は、基本的にはそこまで多くないと考えております。

検査は何でも行えばいいというものではありません。
中には金銭面や肉体面に負担をかける割には結果に結びつきづらい検査や、うまくタイミングを見計らって行わなければ結果を見込めない検査等があるのです。

そのため当ルームでは、検査について「しかるべきタイミングに、必要なもののみを行うべき」だと考えております。

 

漢方薬の積極的な活用

もちろん患者さんの状況によっても異なりますが、「不妊ルーム」では漢方薬を用いた治療法を推奨するケースが多くあります。

漢方薬の使用に関しては、あくまで西洋医学的な視点から、基礎体温、採血で得られる検査データから使用する漢方薬を選んでいきます。
当ルームで妊娠された方の実に8割以上が、漢方薬を服用しての治療を選択されていたことからも、効果をご実感いただけると思います。

なお、漢方薬は全て保険適用のものを提案いたしますので、薬に関する負担額は月額三千円程度で収まる形となります。

 

「不妊ルーム」と漢方薬について
詳しくはこちら

 

不妊カウンセリングはこちら

匿名による無料メール不妊相談を受付中です

お問合せはお気軽にどうぞ

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院

こまえクリニック院長の書籍出版案内です

≪お勧め書籍のご案内≫

院長公式ブログ「妊活のトリセツ」
「不妊ルーム」公式コラム あなたのための不妊治療コラム

≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日