卵巣セラピー(1)妊娠力アップの「卵巣セラピー」の連載にあたって - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

卵巣セラピー(1)妊娠力アップの「卵巣セラピー」の連載にあたって

clock

2021年12月20日

「不妊ルーム」を開設してから20年あまりの歳月が流れました。

私はここ数年、自分は、不妊治療の先生とはかなりスタンスが

違ってきていると感じるようになってきました。

 

不妊治療とは一言で言ってしまえば、

卵巣に鞭打つ治療と言えるのではないでしょうか。

経験のある方は、おわかりいただけると思います。

 

しかし私は、本当に正しい真の妊活とは、「卵巣をいたわ」り、

「卵巣を元気にすることだ」、と考えるようになってきました。

 

さらに言えば、妊活は、「女性がより美しさを目指すこと」、

「若さを保つこと」とも同義語なのではないかとさえ思うのです。

女性ならだれしも美しくありたいと願うでしょうが、それ自体が妊活なのです。

 

「北風と太陽」という寓話がありますね。

北風と太陽が、マントを着た旅人を見て、あのマントを脱がせようと、

競争をするわけです。

北風はピュー、ピューと風を吹きつけてマントを話そうとするのですが、

旅人はますます凍えてしまって、

マントをきつく握り締めて手放しません。

一方の太陽は、さんさんと日光を照らします。

すると旅人は、自らマントを脱ぎ捨てて、汗をぬぐいました。

 

こうした太陽のような治療こそが、妊活なのだと思うようになりました。

それを「不妊ルーム」では「卵巣セラピー」と名づけました。

「卵巣セラピー」を工夫するにつれて、妊娠される方が増えるのみならず、

年齢が高い女性の妊娠もますます増えてきているのです。

 

これからこのコーナーでは、卵巣セラピーとはどのようなものなのか、

具体的に、わかりやすく、連載で皆様にお伝えできればと思っています。

 

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日