進んで年をとらない - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

進んで年をとらない

clock

2022年1月4日

女性のほうが年を気にするもの?

特に女性の方ですが、自分の年を必要以上に気にしすぎている人が多いような気がします。「不妊ルーム」にいらっしゃった方には、問診表を見れば、生年月日と年齢が私にはわかります。それで、「あなたは35歳ですね?」と尋ねると、「今年36になります」と答える人が多いのです。

 

焦れば焦るほど妊娠は逃げていく

誕生日の前日までは、まちがいなく35歳なのですが、なぜ自分から進んで年をとろうとするのでしょうか? 35歳の年のほとんどを、36歳の気分で過ごしているのでしょうか? 私はこの思考法がとてもネガティブだと思っています。

 

妊娠には可能な年齢というものがあります。それが、女性の気持ちを焦らせる大きな要因でもあります。ただ、その気持ちは男性には分かりづらく、夫婦の温度差を生む原因になるのかもしれません。

 

しかし、慌てたからといって妊娠できるものではありませんし、気持ちが焦れば焦るほど、妊娠は逃げていってしまいます。こういうときこそ「ポジティブ思考」です。「今年36歳」ではなく、「まだ35歳、まだまだ大丈夫」と自分に言い聞かせましょう。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日