心の弾力性が妊娠を呼ぶ - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

心の弾力性が妊娠を呼ぶ

clock

2021年12月28日

心の弾力性が妊娠を呼ぶ

「冗談に笑えますか?」「ムダ話を楽しめますか?」
私はよく、「不妊ルーム」に通院されている女性の頭がどれだけ固くなっているか、さりげなく確かめることがあります。例えば、軽く冗談を言ってみたりします。それに対して反応できるかどうかというのは、頭の柔軟性をみる判断材料になります。冗談がおもしろくないのか、初対面で緊張しているのか、、、ジョークを言っているのに、顔の表情の硬い人は心配のサインです。きっと私の話でも、妊娠に関するアドバイス以外は「ムダ話」に思えてしまうのでしょう。

 

スーパーマーケットに行くような気楽な気持ちで

心の弾力性を保つには、自分の心の状態に「気づく」ことが大切だと思っています。テレビのバラエティー番組を見て笑えていますか? 妊活仲間以外の友人と、楽しんでおしゃべりしていますか?ご主人と、赤ちゃんのことを忘れて素敵なセックスをしていますか?「不妊ルーム」に通院されていた方で、毎回スーパーマーケットの袋を持ってきた人がいました。ネギが顔を出していたことも。彼女にとっては、スーパーで買い物をすることと、私のクリニックに来るということが、同じ生活の一部であるように感じました。何も特別なことはない、気負いもない自然体でした。そしてしばらくして、彼女は妊娠したのです。

 

ストレス発散法は自分で見つける努力も

「ストレスがたまる」とよく言いますが、まるでストレスのほうが勝手にやってきて、自分の中に蓄積されるようなイメージです。しかし、実際には、ストレスを生み出す心の状態をつくるのも、ストレスを吐き出せずに溜め込んでいるのも自分自身です。ストレスはたまるものではなくて、「ためてしまう」ものなのではないでしょうかストレスがたまるのはよくないとわかっているのなら、自分でなんとかストレス発散の場を見つけ出す努力も必要です。

 

「アクティブ」「積極的」は妊娠のための大切なキーワード

ストレスがいけないのなら、ストレスを積極的に発散させましょう。その方法とは、つまり一時でも、パッと騒いだり、ほかのことに集中したり、ゆったりとリラックスする時間と場をもつことです。それがどんなことなのかは、人により千差万別、十人十色です。例えば、ヨガなどもひとによっては、リラックス効果があるようです。しかし、どんな方法があなたに合っているかは、あなたが試してみるしかありません。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日