「北風と太陽」本を準備しています

最終更新日

私は「不妊ルーム」を開設して23年になります。

 

開院3年目に出版した『妊娠レッスン』は好意的に受け入れられ、

12刷が発売になりました。

当時は今よりも、不妊治療というものが、

まだ周知されていなかったように思います。

「妊活」という言葉もありませんでした。

そんな時代に『妊娠レッスン』は、サーチライトの役割を果たしたと思います。

 

それから月日が流れ、本年は『妊娠レッスン』の発売から20年になります。

そしてその間に不妊治療は、急速に進展してきました。

その変化を一言で言ってしまえば、「不妊治療=体外受精」になったことです。

 

私はかねてより、不妊治療というのは、卵巣に大きなストレスというよりも、

侵襲を与えているのではないかと考えるようになりました。

体外受精ともなると卵巣への負担はさらに大きくなります。

 

そして、「真の妊活とは卵巣をいたわること」という、

卵巣の立場に立った妊活を考えるようになったと同時に、

私の目に映る景色も違ってきました。

 

「北風と太陽」という寓話がありますが、旅人が羽織る「不妊というマント」

を脱がすにはどうすればいいでしょうか?

 

不妊治療は北風を吹きつけてマントを吹き飛ばそうとしますが、

旅人は、ますますマントを強く握りしめてしまいますね。

 

旅人は太陽にあたたかく照らされると、自らマントを脱ぐでしょう。

太陽を照らすとは、卵巣を元気にすること、より良い状態にすること。

それは具体的に、卵巣にいろいろな栄養を与えるということです。

 

「不妊ルーム」ではここ数年、「卵巣セラピー」に力を入れてきました。

「卵巣セラピー」とはまさに卵巣をいたわることであり、

旅人がマントを脱ぐような、驚くべき効果が見られているのです。

 

今回の本では、そうしたことを皆様にお伝えしたいと思っています。

@komacli_columnist