卵巣セラピー(6)DHEAは卵巣機能回復サプリ - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

卵巣セラピー(6)DHEAは卵巣機能回復サプリ

clock

2022年1月24日

妊娠に向けてのアプローチで、私が漢方薬の次に注目したのが、

DHEAというサプリメントです。

これは、あまり馴染みがない人も多いと思いますので、

わかりやすく説明したいと思います。

 

DHEAは、女性ホルモンの前駆体、すなわち原料です。

DHEAは人間の17種類のホルモンの原料になることから、

「マザーホルモン」とも呼ばれています。

 

そして、DHEAは体内でエストロゲン(女性ホルモン)に変換されます。

これによって、妊娠に必要とされるホルモンの分泌量を増やし、

また卵子の若返りや、卵巣機能回復の作用があると考えられています。

しかし、なぜDHEAにこういった作用があるのかといった

科学的な説明は、残念ながら十分ではありません。

 

私がDHEAサプリメントを知ったきっかけは、

体外受精に力を入れている医療機関のホームページに、

「体外受精で、良好な卵が採取できない高齢の女性に、

DHEAサプリメントを服用してもらうと、

質のいい卵がとれ、妊娠に至りやすい」と、

記されていたことがきっかけでした。

そして、別の不妊治療の医療機関のホームページにも同様の記載があり、

そのページには、DHEAが、FSHの値を低下(改善)させるといった

論文なども掲載されていました。

 

そこで、私は、DHEAサプリメントの服用により良好な卵が採れるのであれば、

「不妊ルーム」で行っているタイミング法でも、

良質な卵が排卵され、妊娠に至りやすくなるのではないかと考えたのです。

 

そこで、35歳以上の女性で、DHEAの値の低い人に、

DHEAサプリメントの服用を薦めたところ、

妊娠される女性が増えはじめたのです。

 

「不妊ルーム」では、DHEAサプリメントを採用してから、

40代で妊娠される女性も、安定的に見られるようになりました。

漢方薬とDHEAサプリメントは、妊活の強い味方になりました。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日