卵巣セラピー(13)「卵巣が先か? 卵子が先か?」 - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

卵巣セラピー(13)「卵巣が先か? 卵子が先か?」

clock

2022年3月14日

「ニワトリが先か? 卵が先か?」という議論がありますね。

これを妊活に当てはめて、「卵巣が先か? 卵子が先か?」と議論をするなら、

私は「卵巣が先だ」と断言したいと思います。

 

不妊治療の医師、とりわけ体外受精を行う医師は、

卵子のみに眼がいっているように思います。

しかし体外受精において何よりも大切なことは、

良好な卵子を育て、採卵することです。

そのためには、卵巣が元気である必要があります。

なぜなら、卵巣の中で卵子が育つからです。

 

良好な卵子が成熟するためには、

私は卵巣のコンディショニングがとても大切だと痛感するようになりました。

それで、卵巣を元気にする治療を「卵巣セラピー」と呼んでいるわけです。

そして不思議なことに、「卵巣セラピー」に関する知見は、

内科領域から提案されることが多いのです。

 

まず10年ほど前より、卵子の成熟には、

甲状腺ホルモンが密接に関係してくることが、

甲状腺の治療を専門とする医師から言われるようになりました。

甲状腺ホルモンは、「元気の源ホルモン」であり、

卵子も元気にすると言うわけです。

 

さらに栄養学会などから、日本人女性の

ビタミンDの不足が指摘されるようになりました。

ビタミンDを補充することによって、

良好な卵子が育ちやすくなることがわかってきました。

 

そして、体外受精をおこなう医師とのコミュニケーションなどから、

DHEAという女性ホルモンの前駆体(原料)が、

卵子の成熟にとても重要だと、私は知ることになりました。

 

こうしたことをケース・バイ・ケースで組み合わせて、

卵巣のコンディショニングを行うことによって、

「不妊ルーム」に通院されている女性の妊娠、

とりわけ40歳以上で妊娠される方も増えてきたのです。

 

さらにうれしいことに、「卵巣セラピー」をおこなった方が、

体外受精にエントリーすると、年齢の高い女性の妊娠も増えてきました。

それもそのはずで、タイミング法であれ、体外受精であれ、

妊娠に大切なことは、卵巣の中で良好な卵子が育つことだからです。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日