40歳での結婚、妊活はどうする? - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

40歳での結婚、妊活はどうする?

clock

2022年5月26日

現在女性が結婚する年齢は年をおうごとに上がってきています。

例えば40歳で結婚した女性が子どもを欲しいと思った場合、

どのようなアクションを取ればよいのでしょうか。

 

実際、下記のような相談をよく受けるようになりました。

———————————————————————–

先月41才になりました。

2ヶ月前に結婚し、妊活に関して初めての取り組みです。

どうぞよろしくお願いいたします。

———————————————————————–

 

上記の方は、結婚2ヶ月で、当院に相談に見えました。

私は、以下のアドバイスをおこないました。

 

まず大切なことは、現在に至るまでの経過を振り返ってみることです。

どれくらいの期間、つき合ってきたのか。

きちんと避妊はしていたのか。

その間セックスの回数は減少していないか。

などといったことを、ふたりで振り返ってみることで、

日常の生活の中に妊娠のきっかけが潜んでいるものです。

 

次の提案として、

どのように妊娠にアプローチするかを具体的に説明しました。

 

それは「不妊ルーム」独自のタイミング指導ですが、

基礎体温表と排卵日検査薬をうまく組み合わせ、

ハイブリッドで妊娠を期待するというものです。

これは新発見だったようで、「目から鱗」と驚かれました。

 

ところで、ブライダルチェックという言葉があります。

私は、一歩進めた妊活チェックを提案したのです。

 

ブライダルチェックとは、子宮・卵巣の超音波検査や、

ホルモン値などを調べて、妊娠しやすい状態であるかどうか、

AMHといって、卵巣の卵の数の指標はどうかなどを調べるものです。

 

さらに一歩進めた、妊活チェックでは、

病院の産婦人科などで子宮卵管造影検査などをお願いし、

卵管の通過性を検索を積極的におこなうという提案です。

なぜなら、子宮卵管造影検査には卵管掃除という役割もあり、

検査の後の半年間、妊娠しやすいことはよく知られているからです。

 

そして男性は男性で、泌尿器科などを早めに受診し、

精液検査で内容を調べてみるのも、よいことだとも言いました。

 

そして、どちらにも異常が認められない場合、

3ヶ月、半年間と時間を区切って、自然妊娠を期待してみましょうと。

それでも妊娠に至らなければ、次のアクションを起こしましょうと。

そんなアドバイスをカウンセリングでおこないました。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日