健康的な生活が妊娠につながることも - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

健康的な生活が妊娠につながることも

clock

2022年1月14日

妊娠力を高める健康生活とは?

 

健康的な暮らしというと、とても真っ当なことですが、

それと同時に窮屈な感じがするような印象がありませんか?

早寝早起き、規則正しい生活、バランスのとれた食生活、

お酒は適度に、タバコは厳禁、運動不足を改めるなど、

こうあげると、してはいけないことのオンパレードで、

息が詰まってしまいます。

 

ただ、妊娠を望むのであれば、ある程度暮らしの中に、

節度と約束ごとを設けることは大事なことです。

夜更しは誰にでもありますが、毎日続けば、体調を壊したり、

ホルモンのバランスを乱すことになりかねません。

友達とお酒を飲んで、パッと騒ぐのも楽しいものですが、

それがほとんど毎日であったり、

お酒を飲んで酔わないと眠れないというようであれば、

ライフスタイルを見直す必要があります。

 

みなさんに心がけていただきたい「健康な生活」とは、

いわば「まっとうな生活」ということです。

現代では、この「まっとうな生活」を送れている人は少ないと思います。

 

生活スタイルは人それぞれですが、日付が変わる前に眠る、

食事は1日3食きちんと食べる、などの基本的なことは、

ぜひ心がけていただきたいことです。

睡眠と食事で毎日の生活に規則的なリズムをつけることは、

女性のホルモンのバランスをよい状態に保つためにとても大切なことです。

 

 

「健康」の意味を取り違えていませんか

 

ところで、私が「健康的な生活をしていますか?」と問いかけると、

「野菜は有機です」とか、「スポーツクラブに通っています」

というような答えが返ってきます。

もちろん、それも「健康的」といえるのですが、本当に大切なことは、

きちんとバランスの取れた暮らしを送っているかどうかということだと思います。

 

有機野菜での食事、週に3回のヨガ教室、一見健康的な暮らし方に思えますが、

その一方で毎晩深夜までインターネットを見て不眠症気味、

寝る前にはかならずお酒か薬が必要だとしたら、健康的だとは言えないですよね?

 

自然に反した生活、リズムが乱れた生活は、

気づかぬうちにダメージを与えることにもなりかねません。

自分の身に付いた生活習慣を変えることは簡単なことではありませんが、

自分の生活を見つめなおすことをおすすめします。

思い当たる方は、まずはできることから小さな一歩を踏み出してみましょう。

 

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日