体外受精にともなうPGT-A検査について - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

体外受精にともなうPGT-A検査について

clock

2022年6月9日

最近PGT-Aという検査を行う医療機関が急速に増えてきました。

そのせいか、体外受精にエントリーされている方から、

PGT-A検査に関する質問を多く受けるようになりました。

ここではこのPGT-A検査についての内容と、

私の個人的な感想を述べてみたいと思います。

 

体外受精の世界では、これまでの2日間の初期胚培養だけではなく、

5日〜6日間培養して、

受精卵を胚盤胞という状態にまで育てることが一般的になりました。

 

胚盤胞は、70個〜100個の細胞から構成されています。

PGT-A検査とはこの胚盤胞から1割程度の細胞を採取し、

その染色体検査を行うものです。

これによって21トリソミー(21番染色体が3つある)

などの染色体異常を見つけることができます。

ですからダウン症等の出現が予想される場合、

それを事前に防止できるわけです。

 

しかしこの検査にはいくつもの問題点があります。

この検査は保険適用外であり、この検査を行うと、

体外受精全体が自由診療になりますから、

4月から実施された保険診療が適用されなくなります。

要するに体外受精の医療費が3〜4倍に跳ね上がってしまうわけです。

また、またこの検査自体、胚盤胞1個につき10万円〜15万円と高額です。

 

こうした金銭的な問題だけではなく、この検査には、

偽陰性、偽陽性が、それぞれ1割程度あると言われています。

すんわち染色体異常がないのにもかかわらず異常ありと判定される、

その逆もあるというわけです。

 

そして何よりの問題点は、この検査によって、

胚盤胞がダメージを受けることです。

PGT-A検査を行って異常なしと判定された胚盤胞を移植して、

妊娠が成立しなかった場合、2つの可能性が考えられます。

 

ひとつは、染色体以外の要因によって妊娠しなかったことです。

もうひとつは、PGT-A検査を受けたことによって、

胚盤胞がダメージを受けたために妊娠が成立しなかった可能性です。

 

心情的な話になりますが、私はこのPGT-A検査に関することを、

資料を集めて勉強していると、何とも言えない息苦しい、

切ない気持ちになってしまいます。

あくまでも個人的な感想ですが…。

 

またこのPGT-A検査は染色体を調べるわけですから、

XXの性染色体を持つ胚盤胞を移植すれば女の子が、

XYの染色体を持つ胚盤胞であれば男の子が生まれます。

要するに男女産み分けが行えてしまうわけです。

こうした目的での検査は、日本産科婦人科学会は認めていません。

 

PGT-A検査をどのように取り扱うのか、まだまだ議論が必要だと思います

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日