不妊治療のサーチライトは? - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

不妊治療のサーチライトは?

clock

2022年12月6日

「不妊ルーム」でのフォローアップの立場は、
たとえるなら二階建ての家のイメージで説明できます。
1階は自然妊娠、2階は不妊治療です。

そして「不妊ルーム」は、1階から2階へあがる階段の踊り場、
あるいは中2階の立場で、
なるべく2階に行かずに妊娠することを目標としています。
こんなスタンスの私が示す「オピニオン」を聞いて、
今までとは全然違うと驚く女性は少なくありません。

さて、セカンドオピニオンを求めてその結果、転院を決めたなら、
ぜひ現在の主治医から紹介状を書いてもらう勇気を持ちましょう。
紹介状は、あなたの今までの不妊治療の歴史が書かれているものです。
同じ検査をゼロから再スタートするよりも、
時間的にも金銭的にも、肉体にかかる負担も軽くてすみます。
「他の病院に行きたいので、
これまでの経過をまとめてください」と言えばいいのです。
もしひとりでは言いにくいと感じるのなら、夫婦で行きましょう。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日