タイムラプス培養というイノベーション - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

タイムラプス培養というイノベーション

clock

2022年6月16日

タイムラプス・インキュベーターという、

ちょっと聞き慣れない機器の話をしたいと思います。

 

タイム(時間)、ラプス(経過)、です。

インキュベーターとは、保温器のことで、

産婦人科領域では、未熟児を育てる保育器がインキュベーターですし、

受精卵を培養する機器もインキュベーターです。

 

インキュベーターとは、例えて言えば、冷蔵庫ならぬ温蔵庫のようなもので、

小さなシャーレ皿の中で受精卵を培養液ととも育てるわけです。

順調に育っているかどうか、毎日顕微鏡で観察しなければなりません。

そのためインキュベーターの扉を毎日開閉することになります。

 

1つのインキュベーターの中にはいくつもの受精卵が育てられています。

インキュベーターは卵管内の状態を再現したものですから、

37℃という温度のみならず、酸素、二酸化炭素濃度などが、

厳格にコントロールされています。

しかしシャーレ皿を取り出して顕微鏡で見るわけですから、

受精卵にとってストレス以外のなにものでもありません。

このことが妊娠率の低下につながっているのではないかと、

かねてより危惧されてきました。

 

冷蔵庫の開け閉めを何回も行えば、

中の食材が十分に冷えないのは容易に想像されるでしょう。

インキュベーターも全く同じで、

できるだけ扉の開閉を少なくすることが、これまでも課題でした。

 

そこで数年前から登場したのが、タイムラプス・インキュベーターです。

このインキュベーターには、カメラが内蔵されているのです。

しかもシャーレ皿1つにつき、1部屋が与えられていて、

それぞれにカメラが付いており、5分〜10分間隔で受精卵を撮影し、

画像が自動的にハードディスクの中に保存されます。

これによって、いちいちシャーレ皿を外に取り出さなくても、

受精卵が育つ様子がほぼリアルタイムでわかるようになりました。

 

このタイムラプス・インキュベーターが急速に普及し始めています。

従来のインキュベーターに比べて、妊娠率の向上も報告されています。

これから体外受精で使用するインキュベーターは、

このタイプのものに置き換わっていくだろうと思います。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日