アシステッドハッチングとは?その意味と有効性について - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

アシステッドハッチングとは?その意味と有効性について

clock

2020年10月26日

アシステッドハッチングとは?その意味と有効性について

アシステッドハッチングとはなにか

アシステッド・ハッチングとはあまり耳慣れない言葉かもしれません。ハッチングとは、「孵化(ふか)」、すなわち「卵からかえること」をさします。このハッチングを人為的に促すことをアシステッド・ハッチングと言います。

具体的なイメージをうるために、にわとりの卵を例に考えてみましょう。雌鳥が卵を温めて3週間ほどすると雛にかえります。雛にかえる際には、内側からくちばしで卵の殻をつっついて、それが割れ目となり、やがて雛として殻から抜け出してきます。もしその卵の殻がとても堅くて、内側からくちばしでつっついても破れなかったとしたらどうでしょうか?内側からくちばしでつっついても破れなかった場合、人間が外側からピンセットなどで殻をつついて穴を開けてやり、雛が出やすいように手助けをするのが人情でしょう。それと同様のことが生殖医療の現場でも可能なわけです。

アシステッドハッチングの仕組み

ヒトの卵子の外側は、透明帯というゼリー状の膜で覆われています。透明体は中の卵子を守る役割を持っているわけですが、女性の年齢が高齢化したり、凍結卵を融解した場合には、透明帯が堅く、また厚くなることが知られています。そこでこうした移植胚の外側の透明帯になんらかの方法で細工をし、ハッチングを促そうというわけです。

アシステッドハッチングは有効か無効か?

しかしながら、アシステッド・ハッチングに関しては、凍結融解胚移植では約10%程度、妊娠率の上昇を認めたという報告がある一方で、ARTを高年齢で行う場合や、ARTがくり返し不成功になっているケースでは、有効とするものと、無効とするものがあり、一般的なコンセンサスは得られていないのが現状です。

アシステッドハッチングの3つの方法

アシステッド・ハッチングの具体的な方法は、大きく3つに分けることが出来ます。顕微鏡下で胚を観察しながら、特殊な針を用いて機械的に透明帯に穴を開けるという方法があります。また、胚に薬剤によって化学処理を行い、透明帯を溶かすという方法もあります。そして、近年急速に普及しているのが、レーザーを用いて穴を開けるという方法です。レーザーを用いて穴を開ける方法であれば、胚そのものを傷つける心配もなく、そのうえ操作が簡便であり、急速に普及しています。体外受精や顕微授精を行って、良好卵を移植しても複数回不成功に終わった人に、アシステッド・ハッチングを行うと、着床率が上昇するという報告もあります。

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日