『妊娠レッスン』リニューアルについて - 東京の不妊治療

img img
Home

>

コラム

『妊娠レッスン』リニューアルについて

clock

2018年10月12日

不妊治療コラム

『妊娠レッスン』をリニューアルするということ

今私は新しい本の準備をしています。本といっても今回は、
全くゼロからの執筆ではなく、正確にはリニューアルです。

私は今から16年前に『妊娠レッスン』(主婦と生活社)を出版いたしました。
この本は多くの読者に受け入れられ、12刷り、6万部が発行になりました。

『妊娠レッスン』の主張は、”不妊治療だけが妊娠に至る道ではない”
というメッセージでした。

当時の不妊治療は今よりもかなりひどくて、
不妊治療の患者と妊婦さんが同じ待合室にいるなどは当たり前でした。

そうした時代にあって、”ふたりの妊娠力の気づき”を強調したことが、
広く受け入れられたのだと思います。

『妊娠レッスン』執筆当時は、
生まれてくる子どもの100人に1人が体外受精児でした。
ところが今日では20人に1人が体外受精児なのです。

私はこんな時代だからこそ、『妊娠レッスン』への原点回帰が
大切なのではないかと思っているのです。

今回の本は確かに『妊娠レッスン』のリニューアルなのですが、
古い情報を新しいものに入れ替えるだけではなく、
新たな生命をもった本にすべく、
リボーン(生まれ変わり)のつもりで執筆を進めています。

完成まであとしばらくかかりますが、このブログの中で経過を報告します。
時々チェックしてみてください。

『妊娠レッスン』をふたたび届けたい理由

『妊娠レッスン』をリニューアルして、
もう一度皆様にお届けしたいと思ったのには理由があります。

今年の春、私は1通のメールを受け取りました。そのメールには、
「図書館で『妊娠レッスン』という本を見つけました。
なにげなく読み出したら、涙で文字が見えなくなってしまいました、、、。
本に書かれている多くのことは、私たち夫婦が見失ってしまったこと、
もう一度取り組まなければいけないことでした。
目から鱗が何枚も落ちました。
これからも先生のお考えをひとりでも多くの女性たちに伝えて下さい。
『妊娠レッスン』を書いてくださり、ありがとうございました」と、
記されていました。

それで、私は『妊娠レッスン』を読み返しましたが、
私自身驚いたことに、内容は古びることなく、今もなお、
そしてこれからも末永く読者に必要とされる本だと実感できたのです。

私はメールに背中を押されるように、ふたたび読者に届けるべく、
改訂に取りかかりました。

私は、本の執筆の際には、コンテンポラリー(同時代)感
ということを意識します。
ですから私は今回は、『妊娠レッスン』のリニューアルではなく、
リボーン(生まれ変わり)として、
再び人々の心を動かす本にしたいと思いました。

そのために、「不妊ルーム」という小さな部屋の中での出来事、
そして妊娠へのヒントを振り返り、
私がこれまでに出版した著書をすべて読み返し、
新しい気づきもたくさん盛り込みました。

新しい本も多くの読者の心に響き、
ひいては日本の少子化改善に役立つものと信じます。

不妊治療や不妊症のご相談なら東京の不妊ルームのトップへ

著者:こまえクリニック院長 放生 勲

KEY WORD

この記事に関連するキーワード

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
  • 妊活コラム
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院


≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日